Cause make crumble


Relieved even makeup……と鏡を見ると、そこには無残なメイク崩れの跡がーー。大人になればなるほど、そんな失敗にがっかりすることが増えてきませんかうわーん

【努力が空回り? 大人の肌はトラブルだらけ】
仕事のストレスや不規則な生活が、肌に如実にあらわれる今日このごろ。だからこそスキンケアやメイクで底上げしたいのに、何だかどれも目に見える効果がなくて、努力が空回りしているような気がします。周りの女性たちに話を聞いてみると、大人になった今だからこそ、これまでにない危機を感じている様子。

■少しの刺激で肌が荒れる

夏は汗をかくとヒリつきやかゆみを感じ、肌荒れや赤みが出てしまう……。でも、もともと肌が敏感なほうだから「仕方ない」とあきらめがち。

■スキンケアの効果が出ない

しっかりケアしているのに効き目が感じられない。つけてもつけてもうるおいが感じられないなんてよくあること。

■乾燥するのにテカリやすい

ファンデーションを塗ると、額や鼻の頭はテカるのに、頬や口元は乾燥して粉を吹く。何が自分に合うのかわからなくなってしまい「ファンデーションジプシー」状態に。

■すぐに化粧崩れしてしまう

朝オフィスにつくと、すでにメイクが崩れている。昼や夕方に鏡を見るころには、汗でメイクが落ちた部分と、乾燥でカピカピになった部分が混ざり合ってひどい有様……。もはやメイク直しの気力もない汗

なかでも特に多かった意見が「とにかくメイクが崩れやすくなった」ということ。スキンケアもメイクも若い頃より手をかけているはずなのに、キレイでいられる時間がどんどん短くなっていく……。これは、忙しい女性にとっては大問題です。

メイク崩れの原因「隠れ乾燥」の事実
大人の女性を悩ませるメイク崩れ。さまざまな理由が考えられますが、年齢が気になる世代なら、まず疑うべきは「隠れ乾燥」かもしれません。肌の表面はしっとりしていたり、ベタついたりするのに、実際には水分が不足しているという「隠れ乾燥」の状態、いわゆるインナードライ肌。

その原因は、紫外線や冷房、ストレスなどのダメージによる、肌内部の水分不足ですがーん
In addition見落としがちなのは汗をかくことによる肌乾燥もインナードライ肌を進行させてしまいます
肌は乾燥すると、バリア機能が低下するため、防衛本能から皮脂を分泌して守ろうとします。その結果、ベタつきやメイク崩れが起こるのです。

「隠れ乾燥」は、放っておくと肌のうるおいやターンオーバー、バリア機能が全体的に低下し、乾燥トラブルを引き起こします。脂性肌と勘違いして間違ったケアをすると、症状がさらに悪化するので要注意。最初の一手として重要なのが、肌の角層をうるおいで満たすこと。肌をうるおいバリアで包めば、整った状態を長くキープできるようになります。

肌乾燥=老化です!!

夏こそ乾燥対策コレ!キラキラ の季節迎える冬の乾燥にも負けない肌作りを!!